Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Recommend

Selected Entries
Recent Comments
Recent Trackback
Archives
Bookmark
Profile
Search This Site
Others

CHINA CHINA2

中国滞在記。
気が向いたときだけ書いています。
<< 腰痛のぐちと風呂 | main | 春節爆発 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
お風呂で逃避
風呂に入りながら思ったこと
その
この間悪の権化「うさぎ」について抑え気味に書いたところ
ヤツに対する恨みが増大したため、
いかにして『ヤル』のが報復として相応しいか考えてみた。

やはり、ここは一つ中国式に「つるし切り」がいいと思う。
まずは暴れる「うさぎ」の耳をつかみ
首を、切れ味のよい刃物でサクッと切り込んで
逆さにして血を抜く。
その後、後ろ足からゆっくりと毛皮をはがしてゆくのである。
5分程度で頭まで毛皮を剥いだ後、各パーツを解体してゆく。

こう、想像していると食べたくなってくるな
「鮟鱇」。

その
料理のうまさとは、なにで決まるのかというと
私は「手垢」だと思っている。
長年おいしい料理を作っているおばあちゃんの手からは
年季の入ったそれはそれはダシの効いた
「手垢」が生み出され、それが料理の中に入るとおばあちゃんにしか
出せない旨みがでるんじゃないかと思う。
でも、体からでるものだからその人の体質とかが関係していて
何もしなくても、それだけでおいしいダシになる人と
食べ物として成立しない「手垢」とがあるんじゃないかなと思う。

その
「腹黒い」という言葉がある。
この黒いものをタバコの煙にたとえると、
フーッと全てを吐き出してしまうのが「腹白い」人
全て溜め込むのが「腹黒い」人。
でもこの「黒い」ものって人が嫌がるような言葉だったり、態度だったりする。
「腹白く」人に嫌われるのと「腹黒く」人に好かれるのなら
どちらがよいのだろうか。
Posted by kk18
- / 16:55 / comments(0) / trackbacks(1)
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 16:55 / - / -
COMMENT









Trackback URL
http://cc-2.jugem.jp/trackback/24
TRACKBACK
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/02/17 7:15 PM |